家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ
家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ

レシチン 認知症予防への効果やその科学的根拠を調査

10秒でわかる
レシチンについてのまとめ

  • 認知症の原因として脳内神経伝達物質、アセチルコリンの減少がある
  • コリンはアセチルコリンの原料。大豆や卵黄になどに含まれるレシチンに含まれる。
  • コリンを補給できるレシチンはアルツハイマー型認知症の予防効果が期待されている。

30秒でわかる ポイント解説
~認知症予防へのレシチンの効果がわかる!~

卵黄

レシチンは大豆や卵黄などに含まれるリン脂質で、動脈硬化予防、肝機能工場、脂質代謝、美肌などの効果だけでなく、アルツハイマー型認知症予防効果も期待されています

認知症の原因と考えられる脳内神経伝達物質のアセチルコリンの減少に対しては、体内でほとんど生産されないコリンの摂取が求められます。食事でコリンを含んだレシチンの摂取が有効で、アメリカでは必須栄養素になっています。

レシチンの日常的な摂取で、認知症の人に脳機能改善効果が期待できますが、現時点では明確なエビデンスがありません。しかし、アメリカの研究ではコリンの摂取量が多い食生活の人は、そうでない人と比較して、言語・視覚記憶に優れているとの結果が出ています。

ここではレシチンという成分の概要と認知症の予防にどのような効果があるのかを解説しています。(現時点(2018/4/1時点)では、この成分について認知症改善の臨床実験(二重盲検試験)による科学的根拠はまだありませんが、認知症予防ができるという可能性があり、今後のさらなる研究が期待されています。)

レシチンとはどのような成分か

レシチンとは大豆や卵黄になどに含まれるリン脂質のことで、かつてはホスファチジルコリンというリン脂質の一つの成分の別名として使用されていました。現在ではリン脂質を総称する意味として使われるケースがほとんどです。

レシチンの乳化作用による動脈硬化の予防や細胞膜活性化の働きによる肝臓の機能向上、脂質の代謝や美肌効果など様々な効果が期待されていますが、アルツハイマー型認知症の予防もその一つです。

認知症の原因として脳内神経伝達物質であるアセチルコリンの減少が考えられますが、この原料となるのがコリン。そしてホスファチジルコリンを含むレシチンが食事から摂取できるコリンの供給源となるというものです。

コリンは体内で生産されることがほとんどないため、食事でレシチンを摂取することが有効でアメリカでは必須栄養素にもなっています。[注1]

レシチンの認知症に対する効果

日常的にレシチンを摂取することで理論的には認知症やMCI(軽度認知障害)の人に脳機能改善の効果が期待できます

小規模の研究ではレシチンがアルツハイマー型の認知症に対して効果があるとされるものもありますが、残念ながらしっかりとしたエビデンスはまだみることはできません。[注2]

その他、老化に伴う脳機能の低下に対する予防効果を期待してマウスに対してレシチンから生成したグリセロホスホコリン(α-GPC)の経口投与の研究があります。

蒸留水のみのマウスと比較した時にα-GPC群の脳機能が高く、脳機能の低下の保護に働くことが示されたため今後が期待されます。[注3]

人に対してどの程度の効果があるかはそれほど明確にはなっていませんが、アメリカのコリン研究ではコリンの摂取が多い食事をしている人は、そうでない人に比べて言語・視覚記憶に優れるという結果が出ています。[注4]

認知症の予防に期待が持てる
サプリメント成分一覧
サプリメントで摂れる認知症予防に効果があるとされる成分を徹底検証しました。すべての成分で認知症予防の可能性がある点は共通していますが、臨床実験(2重盲検試験)で認知症が改善したというエビデンス(科学的根拠)があるのはホタテ由来のプラズマローゲンだけです。
成分名 認知症改善の
臨床試験結果
(二重盲検法)
認知症予防の
可能性
ホタテ由来 
プラズマローゲン
あり あり
ホヤ由来 
プラズマローゲン
なし あり
鶏由来 
プラズマローゲン
なし あり
中鎖脂肪酸 なし あり
ビタミンB12 なし あり
DHA なし あり
EPA なし あり
PC DHA なし あり
フェルラ酸 なし あり
ポリフェノール なし あり
ジオスゲニン なし あり
レシチン なし あり
ホスファチジルセリン なし あり
γ-アミノ酪酸(GABA) なし あり
核酸 なし あり
遠志(オンジ) なし あり
イチョウ葉エキス なし あり

どのような食品に含まれるのか?

レシチンは、主に大豆と卵黄に含まれている成分です。この内大豆に含まれているものを大豆レシチン、卵黄に含まれているものを卵黄レシチンと呼びます。この二つの種類の大きな違いとしては、大豆レシチンは不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)であり、卵黄レシチンは飽和脂肪酸であるということが挙げられます。

この内不飽和脂肪酸はヒトを含めた動物が自身の体内で生成することができず食物などを通じて外部から摂取する必要があるものです。このため大豆レシチンはコレステロールが摂取をしても生成されないという特徴があります。

これに対し卵黄レシチンはその摂取によってコレステロールを生成させてしまうのですが、一方で神経伝達を活発化させるアセチルコリンの生成を促すというメリットが期待できます。

認知症予防以外に何に効果があるのか?

レシチンのうちでも大豆レシチンは、体内に吸収されてもコレステロールを生成しないということから、コレステロール値を改善させたり中性脂肪を低下させたりするなどの効果が期待されています。

また大豆レシチンは肝臓の脂肪生成を抑制する効果があるとも考えられており、現在では大豆レシチンに含まれるポリエンホスファチジルコリンが肝機能改善を目的とした医薬品の原料の一つとして用いられることもあるようです。

【参考URLリスト】

認知症予防に効果があるサプリメント成分はどれ?徹底調査 臨床実験で軽度認知症も改善したホタテプラズマローゲン