家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ
家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ

ノビレチン 認知症予防への効果やその科学的根拠を調査

10秒でわかる
ノビレチンについてのまとめ

  • ノビレチンは、温州みかんやシークワーサーなど主に柑橘類に含まれる成分
  • 記憶障害改善作用・アミロイドβタンパク質の沈着抑制作用などがあり、認知症予防にも注目が集まっている
  • 血糖値の上昇を抑えたり、慢性リウマチを予防したりする果もある

30秒でわかる ポイント解説
~認知症予防へのノビレチンの効果がわかる!~

ノビレチンは、肥満やアレルギー(花粉症)など多岐にわたる効果が期待されている成分です。最近の研究で新たに認知症予防にも効果があることがわかり注目されています。以前から温州みかんやポンカンなどの柑橘類は認知症に良いとされてきましたが、ノビレチンがその理由の一つと考えられるでしょう。またシークヮーサーはノビレチンの含有量が突出して多いことがわかっています。温州ミカンのノビレチン含有量が100g中24mg、ポンカンが127mgに対し、シークワーサーにはその倍以上である267mgものノビレチンが含まれています。効果的にノビレチンを摂取する場合、シークワーサーから効率的に摂るのが、望ましいでしょう。[注1]

ノビレチンとはどのような成分か

ノビレチンとは、柑橘類の果皮や果汁に含まれているポリフェノールの一つ。脂質代謝(肥満)やかゆみ・アレルギーの改善、血糖値上昇や発ガンの抑制作用、抗動脈強化、慢性リュウマチの予防や治療など、様々な効果を得られることがわかっている成分です。ノビレチンの含有量が多いとされる沖縄特産のシークワーサーは、その効能により一躍有名になりました

認知症への効果も期待されていて、記憶障害の改善や、認知症の中で最も多いとされるアルツハイマー病の原因とされている「アミロイドβ」の脳への蓄積の進行を抑制する動きがあることなどが、確認されています。

効率的に摂取するならシークワーサーが最適。みかんやグレープフルーツにもノビレチンは含まれていますが、シークワサーに比べると少ないため、理想量を摂取するとなると大量に食べなくてはいけません。また、柑橘類には糖分が多く含まれているので、すでに糖尿病にかかっている人は摂取する際に、注意が必要な場合があります。

ノビレチンの認知症に対する効果

複数機関による研究の結果から、柑橘類に含まれているノビレチンは、神経細胞を活性化させ、認知症を予防したり改善させたりする効果があると言われています。実際に大泉康氏(東北大学名誉教授、東北福祉大学特任教授)らが行なった研究によると、ノビレチンを投与することで、記憶障害のマウス(認知症のモデル)の記憶機能が改善し、アルツハイマー病の原因と言われている「アミロイドβ」の蓄積を抑える効果があることがわかりました。[注2][注3]

他にも、柑橘類と認知症の関係について、国立長寿医療研究センターが1万3千人以上の日本人を対象にして研究を実施。その結果、柑橘類をほぼ毎日食べている人は週2回以下の人に比べて、認知症の発症リスクが「14%」低下することがわかりました。週に3~4回食べている人でも週に2回以下の人に比べると「8%」低下することが判明しています。[注4]

いずれの研究結果でも、ノビレチンと認知症の間には深い関係があることが証明されました。すでに記憶障害が進行している場合にも、症状を改善させる働きがあると期待されています。

ノビレチンの効果的な摂取の仕方

非常に魅力的な成分を持つノビレチンですが、以前は効果的な摂取が難しいとされていました。精製が難しいということと、果物から必要量を摂るにはとても多くの量が必要になるためです。含有量が多いシークワーサーでさえも、とても酸っぱくて一度では飲めない量のジュースを飲む必要があると言われていました。

今は、シークワーサーの果汁を絞った後の残渣から、ノビレチンの含有量60%から90%以上の高純度な粉末を精製することができるようになったため、1日の必要量をサプリで摂取できるようになっています。ちなみにノビレチンと一緒にDHAやローヤルゼリーを摂取することで、相乗効果があるというデータもあるそうです。活性酸素と呼ばれている神経毒性を減らしたり、神経細胞の活性化を促す効果が期待できるとのことなので、併せて摂るのが良いでしょう。

認知症の予防に期待が持てる
サプリメント成分一覧
サプリメントで摂れる認知症予防に効果があるとされる成分を徹底検証しました。すべての成分で認知症予防の可能性がある点は共通していますが、臨床実験(2重盲検試験)で認知症が改善したというエビデンス(科学的根拠)があるのはホタテ由来のプラズマローゲンだけです。
成分名 認知症改善の
臨床試験結果
(二重盲検法)
認知症予防の
可能性
ホタテ由来 
プラズマローゲン
あり あり
ホヤ由来 
プラズマローゲン
なし あり
鶏由来 
プラズマローゲン
なし あり
中鎖脂肪酸 なし あり
ビタミンB12 なし あり
DHA なし あり
EPA なし あり
PC DHA なし あり
フェルラ酸 なし あり
ポリフェノール なし あり
ジオスゲニン なし あり
レシチン なし あり
ホスファチジルセリン なし あり
γ-アミノ酪酸(GABA) なし あり
核酸 なし あり
遠志(オンジ) なし あり
イチョウ葉エキス なし あり
ノビレチン なし あり
ノビレチン なし あり
ローヤルゼリー なし あり
テアニン なし あり
カテキン なし あり
オメガ脂肪酸 なし あり

【参考URLリスト】

認知症予防に効果があるサプリメント成分はどれ?徹底調査 臨床実験で軽度認知症も改善したホタテプラズマローゲン