家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ
家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ
家族のための認知症予防パーフェクトガイド » 認知症予防の最前線情報をピックアップ » 認知症予防にもなるピアノ教則本発売。脳医学の権威が監修

認知症予防にもなるピアノ教則本発売。脳医学の権威が監修

ここでは脳医学の権威が監修した認知症の予防のためピアノ教則本について紹介しています。

希望ちゃん
ピアノを演奏すると認知症を予防する効果が高いらしいね。
ナニカちゃん
脳学者が監修したピアノ教則本が発売になって注目されているね。
カナエちゃん
理屈はわかったとしても、高齢者はピアノをうまく弾けないと思うけど大丈夫?
ウゴくん
それがね、下手な人がレッスンするほうが脳を使うからかえって良いらしいんだ。
オモイちゃん
好きな曲がワンフレースでも弾けたら嬉しいよね。音楽っていうくらいだから楽しまなきゃだね。

世界有数の脳学者が監修したピアノレッスン本に注目

「生涯健康脳」や「東大脳の育て方」の著者として知られる東北大学加齢医学研究所教授で医師の瀧靖之氏が監修した「生涯健康脳をつくる!ゆび1本からのピアノ」(書籍・DVD付)が2017年12月19日に発売されました。[注1]

ピアニストの蔵島由貴さんの協力を得て、簡単なキーボードがあればすぐに始められる内容で、タイトル通りに指1本で「ピアノの名曲」を弾くことに挑戦することが可能です。

瀧教授は世界でも有数な脳学者の1人で、ピアノ演奏が脳に及ぼすマインドフルネス効果、ストレス度を下げる、主観的幸福度を上げるという3つの効果を軸に、音楽と脳の関係について解説。音楽が「生涯健康脳」を作り、健康寿命が伸びる可能性を示唆しています。

120分にも及ぶレッスン映像(名曲12曲+オリジナルエチュード18曲)を付属のDVD内に収録。初心者向けに段階的に5本指に移行できるように作られており、挫折を防ぐ工夫や随所に脳活ポイントが散りばめられ飽きが来ない内容になっています。

ピアノ演奏と認知症予防との関係

ピアノ演奏が脳に及ぼす影響については瀧教授だけでなく、近年ピアノを弾くことは脳を活性化させるということが各所で言われ始めています。

なぜならピアノを演奏することは脳で同時にたくさんの情報を処理する行為だからです。左右の手でメロディーと伴奏を使い分け、ペダルを足で踏みながら楽譜を読み、耳で演奏した音を聴いていると考えればわかりやすいでしょう。

また楽譜を使って演奏する場合は暗譜しながら常に次の音を読んでいくことになりますので、そのまま先読みや暗記の脳トレーニングになっているのです。[注2]

上手に弾くことができないからと尻込みする必要はありません。上手な人が何も考えずにピアノを弾くより、下手な人が四苦八苦しながら演奏するほうが脳は活性化すると言われています。

それで少しでも上達すればその達成感が喜びになり、瀧教授の言う主観的幸福度を上げる効果が期待できるということにもなります。

実際に60歳~85歳の高齢者がピアノのレッスンを受けた半年後に記憶や情報処理、計画力が改善したという報告がありますし、週に数時間しかレッスンしなくても記憶力が増したという例もあるくらいです。[注3]

大人のピアノのレッスンでは退屈な基礎練習の繰り返しからではなく、好きな曲を演奏できるようになることを目的としたプログラムが組まれることが多いですから、音楽に興味がある方はまずは試してみることをおすすめします。

希望ちゃん 希望ちゃん
このサイト「認パフェ」では、認知症予防について、こんな情報も紹介しています!
カナエちゃん カナエちゃん
たくさんの認知症予防の方法を、実践難易度をつけて紹介するよ。
Check!→認知症予防で家族におすすめしたい11コト
ナニカちゃん ナニカちゃん
たくさんの認知症予防に効果がありそうな成分を調査したよ!
Check!→【特集】認知症予防に効果がある成分はどれ?徹底調査
オモイちゃん オモイちゃん
きびしい臨床試験で効果が出ている期待の成分を紹介するよ。
Check!→【特集】効果実証済みのホタテプラズマローゲンとは?
ウゴくん ウゴくん
東京大学社会科学研究所の「希望学」から認知症患者への家族のかかわり方を考えてみたよ。
Check!→認知症予防のために家族ができること

【参考URLリスト】

認知症予防に効果があるサプリメント成分はどれ?徹底調査 臨床実験で軽度認知症も改善したホタテプラズマローゲン