家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ
家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ

医師に診てもらう。家族によるフォロー方法

ここでは認知症の人に診断を受けてもらうためのコツや家族としての心構えについて解説しています。

スムーズに認知症の診断を受けてもらうためのコツ

家族が認知症の疑いがあると気がついて病院で診断することをすすめても、本人がそれを拒むケースはよくあります。そこで対応を誤ると本人の気分を害したり、プライドを傷つけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

本人に納得してもらえない場合、スムーズに受診してもらうためには、以下のような家族としての工夫が必要になります。

抵抗感が少なそうな科を選ぶ

認知症の診療が受けられる科はいろいろありますが「精神神経科」だと強い抵抗感があることがあります。その場合、認知症は自覚していなくても物忘れがひどくなったとか老齢で体調があまりよくないと感じていることは多いので「物忘れ外来」や「老年科」など受診科を変えるだけで意外とすんなり納得してもらえます。

地域包括支援センターへ相談しに行く

地域包括支援センターは各区市町村に設置されている、地域住民の保健・福祉・医療の相談、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関です。(一部の地域では“高齢者総合相談センター”など地域包括支援センターとは違う名前の場合もあります。)地域包括支援センターで認知症についての相談などを行っていますので、第一段階として利用するのもよいでしょう。今後どのように対応すればよいかアドバイスがもらえたり、認知症治療に実績のある病院を紹介してもらえます。

かかりつけ医に病院を紹介してもらう

ある程度の年齢になると普段から通院しているかかりつけ医があるものです。その場合は事情を話して協力してもらい、認知症専門の病院を紹介してもらう方法があります。馴染みのある医師から紹介状を書いてもらうと、それなら大きな病院に行ってみるかという気になり抵抗感はなくなります。

他にも別の病気で診察を受ける時に同じ流れで検査したり病院を紹介してもらうなど様々な方法がありますが、本人を騙すような方法はあまりおすすめしません。

騙されたと気づかれれば二度と話を聞いてもらえなくなる危険性があるからです。アプローチを変えるだけで思ったより抵抗なく進めることができるので本人の性格も考えながらフォローするようにしてください。[注1]

知っておきたい受診時の家族の心構え

認知症の診断を受ける際には家族が付き添うことになりますが、医師としては普段から接している家族の話を参考にします。

したがっていつ頃から異変に気がついて、もの忘れの度合いがどの程度のものなのか、短期間で進行していると感じるかなどあらかじめメモをとっておくとよいでしょう。

医師は最初から認知症と決めつけずに他の病気の可能性も含めて総合的に診断します。MRIやCTなどで脳の状態がどのようになっているかを確認した上で診断しますのでしっかり話を聞くことです。

また本人は医者から話を聞いても、その内容を忘れてしまうことがありますので家族がしっかり診断結果をメモしておき次の予約などの手続きも行います。

認知症と診断されると家族としてはショックですが、同じ悩みを抱える人の話を聞いて情報を共有するなどしてあまり深刻に考え込まないことです。

また本人も家族に迷惑をかけているのではないかと考えたり、強い不安感を持つこともありますので家族全体で支え合うことが重要です。

希望ちゃん 希望ちゃん
このサイト「認パフェ」では、認知症予防について、こんな情報も紹介しています!
カナエちゃん カナエちゃん
たくさんの認知症予防の方法を、実践難易度をつけて紹介するよ。
Check!→今日からはじめる!認知症予防にいいこと11選
ナニカちゃん ナニカちゃん
たくさんの認知症予防に効果がありそうな成分を調査したよ!
Check!→【特集】認知症予防に効果がある成分はどれ?徹底調査
オモイちゃん オモイちゃん
きびしい臨床試験で効果が出ている期待の成分を紹介するよ。
Check!→【特集】効果実証済みのホタテプラズマローゲンとは?
ウゴくん ウゴくん
東京大学社会科学研究所の「希望学」から認知症患者への家族のかかわり方を考えてみたよ。
Check!→認知症予防のために家族ができること

【その他関連ページ】

認知症初期症状の発見から予防までの手引き

【参考URLリスト】

認知症予防に効果があるサプリメント成分はどれ?徹底調査 臨床実験で軽度認知症も改善したホタテプラズマローゲン