家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ
家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ

9.勉強しようよ、認知症予防のために!

ここでは学ぶことの認知症への予防効果と具体的にどのような事例があるかを紹介しています。

【お手軽さ】★★☆☆☆(やや難しい)

はちまきキュッ九(キュウ)、勉強たのしい♪

希望ちゃん
高齢者が学習したいっていう意欲って結構あるみたいだね。
ナニカちゃん
大学でもシニア向けのクラスがあるくらいだからそういう人が多いんだろうね。
カナエちゃん
大学はちょっとハードル高いかな。まあ通学できるほど元気ならいいんだけど。
ウゴくん
通信教育専門の会社ならシニア向けに趣味の講座もあるし通わなくて済むよ。
オモイちゃん
難しい勉強はイヤという場合でも趣味の延長でできるなら、楽しいかも!

学ぶことで得られる認知症の予防効果とは

勉強したり学ぶことが認知症予防になるという話を聞くと、計算問題や漢字クイズに挑戦するなど脳トレのようなイメージを持つ人が多いかもしれません。

もちろん脳を刺激するようなトレーニングを繰り返すことで認知症を予防するという考え方もありますが、それ以外に自分の興味がある分野で知識を深めるために学校に通うことでも構いません。

通学するというのは学習して脳を活性化させるという効果だけでなく、人のコミュニケーションや趣味・生きがいを持つといったことにつながります。

そこで何か成果を上げれば自信を持つことができるので精神衛生上でもプラスになると考えられます。つまり学ぶことを通して様々な体験ができ、それが脳の刺激になって認知症予防になるということです。

高齢になると足腰が弱くなって遠くまで通うのは困難ということもあるでしょう。そんな時は近所にあるショッピングセンターの趣味教室でも構いません。毎日目的を持って行動し、学ぶ喜びを感じるということが大切なのです。

シニア向けの講座で大学や通信教育で学ぶ

高齢になると勉強しに行く場所も限られると考えていませんか?実は現在、元気でまだまだ学びたいという高齢者向けに大学が門戸を開放しているところがあるのです。

シニア大学、高齢者大学などと呼ばれますが、国公私立大学・大学院もシニア学生を募集しているケースが多くなりました。高齢者の学習意欲も旺盛で70代、80代で勉強する学生がいるほどです。[注1]

またこうした大学では高齢者の経済的負担を軽くするために入学金を免除したり授業料減免制度を導入しているところもあるので通いやすくなっています。

大学に行くほど本格的な学習は考えていない、身体的に通うのが難しいという場合は通信講座を受講する方法もあります。通信教育を専門にやっているところではシニア向けの講座を用意しているところがあります。

川柳や俳句入門、ガーデニング、書道など取り組みやすい内容のものが豊富にあるので肩の力を抜いて学習することができます。もちろん何かの資格取得を目指してがんばって勉強するということも可能です。

通信講座会社ユーキャンが60代の受講者に実施した調査では、資格を取得して実現したことという問に対して「自分のために役立てる」が最も多く34%でした。その結果として「生きがいが見つかった」「自信がついた」という回答も多くあったとしています。[注2]

これからは高齢者が増え続けることわかっているため、おそらくそれに合わせて生きがいにつながる様々な講座が今後も提供されるものと考えられます。

認知症予防 お手軽&簡単順

【参考URLリスト】

認知症予防に効果があるサプリメント成分はどれ?徹底調査 臨床実験で軽度認知症も改善したホタテプラズマローゲン