家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ
家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ
家族のための認知症予防パーフェクトガイド » 認知症を放置するとなってしまう病気 » アルツハイマ―型認知症の症状・原因・治療法について

アルツハイマ―型認知症の症状・原因・治療法について

アルツハイマ―型認知症とは

認知機能の低下、いわゆる認知症には、いくつかの種類があります。それらの中で最も多いとされる認知症が、アルツハイマー型認知症です。認知症の患者の半数以上はアルツハイマー型と言われています。男性よりも女性に多く見られ、かつ、患者は年々増加傾向にある点が特徴です。

アルツハイマー型認知症の症状

軽度のアルツハイマー型認知症の場合は、他人の名前を忘れてしまったり、処理能力が低下してしまったりなどの症状が見られるものの、日常生活に大きな支障をきたすことはありません。しかしながら、治療をせずに放置すると、症状は進行します。進行した結果、主に次のような症状が見られることがあります。

アルツハイマー型認知症は発症時期がはっきりせず、いつとはなしにもの忘れがひどくなります。そして、認知症の前段階ともいえわれる軽度認知障害(MCI)を経て、 認知症を発症します。認知症を発症すると、初期(軽度)、中期(中等度)、後期(重度)と段階を経て、ゆっくりとですが確実に進行します。

引用:監修:東京医科歯科大学脳統合機能研究センター認知症研究部特任教授 朝田隆(2010)「ウルトラ図解 認知症」p.32

記憶障害

アルツハイマー型認知症の典型的な症状の一つが記憶障害。たとえば、朝食で食べたメニューの内容を忘れるのではなく、朝食を食べたこと自体を忘れるのが、アルツハイマー型認知症の記憶障害の特徴です。

判断能力の低下

アルツハイマー型認知症を発症すると、判断能力も低下していきます。たとえば掃除の際、何を捨てて何を取っておくべきか、という判断ができなくなることがあります。

見当識障害

自分のいる場所が分からなくなったり、トイレの場所が分からなくなったり、近所の見慣れた場所へ行くことができなくなったりなど、見当識障害と呼ばれる症状を発症することがあります。

周辺症状

他人に自分の物を盗られたと思い込んだり、介護を受けることを拒否したりなど、アルツハイマー型認知症を原因とする派生的な症状のことを総称して、周辺症状と言います。

周辺症状としては、抑うつ、意欲の低下、不安などがみられるほか、しまい忘れが多くなり、「もの盗られ妄想」がみられるのも、多くはこの時期です。 ただ、身の回りのことは自分でできるので、家族や周囲のサポートがあれば、自立した生活は可能です。

引用:監修:東京医科歯科大学脳統合機能研究センター 認知症研究部特任教授 朝田隆(2010)「ウルトラ図解 認知症」p.32

アルツハイマ―型認知症の原因

アルツハイマー型認知症の原因は、2018年現在、すべてが解明されたわけではありません。ただし、主要な原因の一つとして、脳内におけるアミロイドβやタウというタンパク質の存在が指摘されています。 加齢等によって脳内にアミロイドβやタウが溜まると、脳内のニューロン・シナプスという神経細胞が徐々に崩壊。この神経細胞の崩壊が進行すると、やがて脳が次第に萎縮し、認知機能や身体機能の低下を招くことが分かっています。 また、アルツハイマー型認知症の一部は遺伝性があるとも言われています。いわゆる若年性認知症の一部は、遺伝的要素による「家族性アルツハイマー病」であると指摘されています。

アルツハイマ―型認知症の治療法

風邪や骨折などとは異なり、アルツハイマー型認知症を完治させることや、脳内の状態を現状より改善させることは困難とされています。 一方で、適切な治療を受けることにより、症状の進行を緩やかにすることや、進行を止めることは可能です。脳内の状態が改善されなくとも、治療を通じることで、表に現れる症状自体は改善されることもあります。

投薬治療

現在、アルツハイマー型認知症に有効とされて国内で認可を受けている薬は、4種類あります。軽度から重度のアルツハイマーまで効果的な汎用性の高い内服薬「アリセプト」、軽度から中度の症状に効果的な内服薬「レミニール」、同じく軽度から中度の症状に有効な貼付剤「リバスタパッチ/イクノセロンパッチ」、中度から高度の症状に効果的な内服薬「メマリー」です。 医師の判断により、いずれかの薬で治療を進めることになります。

リハビリ

作業療法士による専門的なリハビリの他に、学習療法や音楽療法、海藻療法、アニマルセラピーなど、アルツハイマー型認知症の改善に良いとされるリハビリはたくさんあります。 デイサービスに積極的に参加したり、家族と散歩を楽しんだりすることも、立派なリハビリです。

希望ちゃん 希望ちゃん
このサイト「認パフェ」では、認知症予防について、こんな情報も紹介しています!
カナエちゃん カナエちゃん
たくさんの認知症予防の方法を、実践難易度をつけて紹介するよ。
Check!→今日からはじめる!認知症予防にいいこと11選
ナニカちゃん ナニカちゃん
たくさんの認知症予防に効果がありそうな成分を調査したよ!
Check!→【特集】認知症予防に効果がある成分はどれ?徹底調査
オモイちゃん オモイちゃん
きびしい臨床試験で効果が出ている期待の成分を紹介するよ。
Check!→【特集】効果実証済みのホタテプラズマローゲンとは?
ウゴくん ウゴくん
東京大学社会科学研究所の「希望学」から認知症患者への家族のかかわり方を考えてみたよ。
Check!→認知症予防のために家族ができること

【参考URLリスト】

[注1]
・「アルツハイマー型認知症の診断と治療」(第103回 日本精神神経学会総会)

[注2]
「3.アルツハイマー病の薬物療法の現状」(日老医誌 2012;49:431―436)

認知症予防に効果があるサプリメント成分はどれ?徹底調査 臨床実験で軽度認知症も改善したホタテプラズマローゲン