家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ
家族のための楽しい楽しい、認知症予防パーフェクトガイド 認パフェ

脳血管性認知症の症状とは

いくつかある認知症の種類の中で、アルツハイマー型認知症に次いで2番目に多いのが脳血管性認知症。くも膜下出血や脳梗塞など、脳の血管の疾患による脳細胞の死滅を原因として生じる認知症です。死滅した脳細胞の場所により、さまざまな症状が現れます。 なお、脳血管性認知症を発症している患者の中には、アルツハイマー型認知症が併発している例も多く見られますが、このタイプの認知症のことを「混合型認知症」と言います。

脳血管性認知症の症状

脳血管性認知症は、後述するように、他の認知症とは原因がまったく異なります。原因は異なるものの、脳の機能が低下するという点では共通しているため、表に現れる症状はアルツハイマー型認知症などの似たものとなります。 ただし、脳血管性認知症の場合、認知症を発症する前の脳機能が完全に残っている部分あるため、下記、「まだら認知症」などのような症状が現れることがあるのも特徴です。

まだら認知症

できることとできないことが明確に分かれて現れる認知症状のことを、まだら認知症と言います。たとえば、計算ができなくなったにも関わらず、その人が過去に培ってきた専門能力は残ったまま、といった症状です。あるいは、記憶障害があるにも関わらず、判断力は正常な状態が維持されている、といった症状です。 脳血管障害により脳細胞が死滅した部分については、機能が失われますが、脳細胞が死滅していない部分については、それまで通りの脳機能が維持されます。そのため、まだら認知症と呼ばれる症状が現れることがあります。

感情失禁

すぐに怒ったり、すぐに泣いたりなど、自身の感情をコントロールできなくなる「感情失禁」と呼ばれる症状を見せることがあります。とても楽しそうにしている時に声をかけると急に怒ったり、理由もないのに落涙してしまったりなどの症状です。

その他の症状

脳の障害を受けた部位に応じ、言語障害や嚥下障害、歩行障害、感覚麻痺、排尿障害など、患者によりさまざまな症状が現れます。

脳血管性認知症の原因

冒頭で触れたとおり、脳血管性認知症の直接的な原因は、くも膜下出血や脳梗塞の影響による脳細胞の壊死です。 脳細胞が生きていくためには、酸素や栄養素の供給が必要。酸素や栄養素を脳細胞まで運搬しているのは、血液です。よって、くも膜下出血や脳梗塞によって脳の血管が破れたり詰まったりすると、その血管より先に酸素も栄養素も運ばれません。結果、脳細胞が死滅してしまいます。

なお、脳梗塞を引き起こす原因の多くは動脈硬化。動脈硬化は、高血糖や脂質異常症(高脂血症)、高血圧、喫煙などが原因で徐々に進む病気です。よって脳血管性認知症を予防するためには、日常の生活習慣に注意しなければなりません。

脳血管性認知症を日い起こす原因は、脳の血管障害です。脳血管障害とは、脳の血管が詰まったり破れたりして、脳が障害されるものをいいます。認知症を引き起こす代表的な脳血管障害は、いわゆる脳卒中です。脳卒中には、脳の血管が詰まる「脳梗塞」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」「くも膜下出血」があります。

引用:監修:東京医科歯科大学脳統合機能研究センター 認知症研究部特任教授 朝田隆(2010)「ウルトラ図解 認知症」p.34

脳血管性認知症の治療法

風邪や骨折などとは異なり、脳血管性認知症を完治させることや、脳内の状態を現状より改善させることは困難とされています。 一方で、適切な治療を受けることにより、症状の進行を緩やかにすることや、進行を止めることは可能です。脳内の状態が改善されなくとも、治療を通じることで、表に現れる症状自体は改善されることもあります。

死滅した脳細胞をよみがえらせることはできません。よって、脳血管性認知症を根治させることは不可能とされています。 しかしながら、治療やリハビリによって、現存する脳細胞が死滅した脳細胞の代わりの役割を果たすことがあります。症状の進行を抑えるためや脳血管障害の再発を予防するための薬を服用するとともに、リハビリもしっかりと行いましょう。

薬物療法

認知症の症状を和らげるための薬や、くも膜下出血・脳梗塞等を予防するための薬を服用します。いずれの薬を選択するかは、主治医の判断によります。

リハビリ

現存する脳細胞の能力を高め、少しでも発症前の状態に近づけるために、リハビリを行うことは非常に大切です。症状や必要に応じ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などがリハビリを担当します。

希望ちゃん 希望ちゃん
このサイト「認パフェ」では、認知症予防について、こんな情報も紹介しています!
カナエちゃん カナエちゃん
たくさんの認知症予防の方法を、実践難易度をつけて紹介するよ。
Check!→今日からはじめる!認知症予防にいいこと11選
ナニカちゃん ナニカちゃん
たくさんの認知症予防に効果がありそうな成分を調査したよ!
Check!→【特集】認知症予防に効果がある成分はどれ?徹底調査
オモイちゃん オモイちゃん
きびしい臨床試験で効果が出ている期待の成分を紹介するよ。
Check!→【特集】効果実証済みのホタテプラズマローゲンとは?
ウゴくん ウゴくん
東京大学社会科学研究所の「希望学」から認知症患者への家族のかかわり方を考えてみたよ。
Check!→認知症予防のために家族ができること

【参考URLリスト】

[注1]
「血管性認知症」(日本神経学会)

[注2]
「6-4.血管性認知症、血管性認知障害」(日本脳卒中学会)

認知症予防に効果があるサプリメント成分はどれ?徹底調査 臨床実験で軽度認知症も改善したホタテプラズマローゲン